当会定款の定めに従い、労働安全衛生法、高齢者医療確保法、関係する医療法及び労働法令等に基づき、労働衛生分野を中心に衛生思想の普及啓蒙・高揚と職場における健全な労働力確保と地域住民の安全衛生確保のため、健康診断事業の実施と健康管理増進業務を事業の柱として、社会の安定安全と産業基盤の発展に寄与することを目的として事業活動を行なっております。

具体的な業務内容

  • 一般健康診断
    (巡回健診・ネットワーク健診・協会けんぽ健康診断)
  • 特殊健康診断
  • インフルエンザ予防接種
  • 婦人科検診
  • 大腸がん検診
  • 肺がん検診
  • MRI・CT巡回検診

業務を推進するための設備機器一覧

健診設備・機器のうち補助金での取得物件

平成
02年度
車載用運動負荷測定装置(中央労働災害防止協会)
平成
08年度
胸部集検用X線装置・直接撮影装置・レントゲン車(中央労働災害防止協会)
平成
09年度
健康測定車・健康情報管理システム(中央労働災害防止協会)
平成
10年度
胃胸部併用X線テレビ検診車(日本自転車振興会)
平成
11年度
胃胸部併用X線テレビ検診車((財)日本宝くじ協会)
平成
13年度
自動スパイロ計数器(中央労働災害防止協会)
平成
14年度
電子走査形超音波断層装置(総務省郵政事業庁)
平成
15年度
胃胸部併用X線テレビ検診車(日本自転車振興会)
平成
16年度
デジタル対応型無散眼底カメラ(中央労働災害防止協会)
平成
17年度
デジタル型胃胸部併用X線テレビ検診車((財)日本宝くじ協会)

各種報告

補助金での取得物件